うめっつのガジェット・シンドローム環境ベンチャー企業に就職しちゃった行政書士が、本や仕事で学んだライフハックネタ、iPhoneなどのガジェット情報を紹介していくブログ。無理をしないでお洒落を目指すビジネスファッションの話題も盛り沢山!! 

この記事に含まれるタグ :
書評 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://umettsu.blog74.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

『大事なことはすべて記録しなさい』 鹿田尚樹著

   ↑  2010/01/03 (日)  カテゴリー: 書評


書評ブロガーとして有名な鹿田尚樹さんの著書。
以前紹介した美崎栄一郎さんの『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』とはすこし異なり、
アナログツールだけでなくデジタルツールも駆使し、情報を記録するアプローチが面白かったです。

著書に出てくる記録ツールの写真が表紙に載っているんだが、VAIO TypePやモレスキン、
ジェットストリーム等がうめっつの道具とピンポイントで被っており、
嬉しくなって購入してしまいました。



あと、うめっつは知らなかったんですが、
鹿田さんは国会議員の公設秘書をしておられたことがあったそうです。
その公設秘書経験を応用した記録術や人脈術が著書で多く紹介されています。

うめっつがその中で印象に残ったのは以下のとおり。

・セミナーや勉強会では、必ず集合写真を撮る
  空間ごと一瞬で記録できるため、参加していなかった人にも雰囲気を伝えられるし、
  後で自分で振り返ることもできる。

・頂き物の日付・人・ものを記録する
  お礼も4度言う
   1 プレゼントを頂いたとき
   2 プレゼントを頂いた日の別れ際
   3 プレゼントを頂いた翌日
   4 プレゼントを頂いた1週間後

・お土産に一言添えた名刺を貼っておく




そして、うめっつが一番気に入ったのは、読書ノートの作り方です。
鹿田さんは次の3つを重点的に抜き出すようにしているそうです。

 1 新しいフレームワーク
 2 ブログ、公演、人に話すときに使えそうな「引用句」
 3 P(ポイント。これを中心に)とE(エピソード。補足的)を分けて抜き出す


なるほど、これはわかりやすい。
これまで漠然と行ってきた読書ノート作りに、参考にすべきひとつの軸が
できたように思えます。


その他にもこの本にはたくさん参考にしたいポイントがありましたので、
うめっつもさっそく鹿田流フレームワークを使って、
『大事なことはすべて記録しなさい』を読書ノート化してみます。






わざわざ紹介しなくてもご存知の方が多いと思いますが、
鹿田さんの書評もとっても面白いです。
書評なのに堅苦しいところがなくってうめっつのお気に入り。
念のためリンク貼っておきますので、興味ある方はどうぞ

鹿田尚樹の「読むが価値」
http://www.yomugakachi.com/


>>【楽天市場】へGO

この記事に含まれるタグ : 書評 

FC2スレッドテーマ : 書評 (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://umettsu.blog74.fc2.com/blog-entry-34.html

2010/01/03 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment


ご紹介ありがとうございます。

うめっつさん
ご丁寧にありがとうございます。
読書ノートなども日々改良中ですが、少しでも参考になる部分があれば幸いです!
これからも楽しみにしています!

鹿田尚樹 |  2010/01/13 (水) 10:54 No.8


Re: ご紹介ありがとうございます。

こちらこそわざわざ著者にコメントいただけるなんて、恐縮です。
少しどころか、大変参考にさせていただいております。

鹿田さんのご活躍を期待し、陰ながら応援させていただきます!!

うめっつ |  2010/01/16 (土) 00:17 No.9

コメントを投稿する 記事: 『大事なことはすべて記録しなさい』 鹿田尚樹著

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。